普通方式の遺言「自筆証書遺言」

遺言書は、自分がこの世を去った後、遺された家族に自分の気持ちを伝えることができる手段です。また、財産の分配についての希望なども伝えることができます。遺言書には、いくつかの書き方があります。その一つ、自筆証書遺言は、自分ですべて作成する遺言のことを言います。自分で遺言書を書けばよいので簡単に作ることができます。しかし、法律で認められるような遺言書とするには、定められた要件を満たしている必要があります。
要件の一つが、すべてを自分で書いているということがあります。代筆やパソコンで作成した場合には、無効となります。また、一部分が代筆などの場合にも、無効となるので注意が必要です。内容の他に、日付とサイン、押印も必要です。日付は年月日を記入します。これらもすべて自分で記入することが必要です。
遺言書ができたら、封筒に入れて封をします。勝手に開けられるのを防ぐためには封をした後に押印をしておくと効果的です。
せっかく遺言書を作っても、発見されなければ意味がありません。遺言書を書いたことを、できれば信頼できる誰かに伝えておくと安心です。遺言書は、本当に本人が書いたものかを確認するために、家庭裁判所での検認が必要となります。その旨も別の用紙に書いておくと安心です。